HOME > 特集記事 > がたふぇすvol.7 > グランドフィナーレ

グランドフィナーレ


ついに迎えた、2日間の「がたふぇすVol.7」最後を締めくくる「グランドフィナーレ GATステージ」。朝からこのステージを見るために待機列ができるほどの人気ぶり。半袖を着た熱いファンなど多くの人が詰めかけました。


サイリウムの海の中、篠田昭新潟市長が「こんばんは。がたふぇす7回目を迎えることができましたのは皆様のおかげです。新潟のマンガ・アニメの魅力をさらにアピールしていきたいと思っておりますのでみなさん最後まで盛り上げてください!よろしくお願いします」と呼びかけ、グランドフィナーレは幕を上げました。


スタートを飾ったのは、この2日間様々な場所に登場し、がたふぇすを大いに盛り上げた越後姉妹Geeks。キャッチーなメロディと歌声は夕暮れ時で冷え込んでいた会場全体を温めました。


続いて登場したのはアニメ『ろんぐらいだぁす!』のオープニングソングなどで知られる、Rayさん。登場時から「れいたん」コールが会場に響き渡ります。キュートな歌声で声援にこたえ、観客を虜にしました。MCでは新潟で食べたという郷土料理、「のっぺ」や梅酒の話などで盛り上がりました。


次に登場したのは、かなでももこさん。観客を巻き込む「がたふぇす、サイコー!」のコールで、会場をヒートアップさせます。聴衆の心を打つ表現力豊かな歌声が響き渡ります。


その後登場したのは歌手で声優としても活動をしているAiLiさんで、オリジナルソングとカバーソングを披露。会場の端から端まで歌声が広がる圧巻のステージで、観客を魅了しました。


5組目は声優・歌い手として活躍中の桜川めぐさん。ピンク色のサイリウムの海の中、透き通る力強い歌声で会場は一体感に包まれました。


次はThe Super Ballのお2人。ギターとキーボードの生演奏と共に爽やかな歌声が会場を駆け巡りました。ステージ前には女性ファンが詰めかけ、声援を送っていました。


7組目にはA応Pが登場。6人の息ぴったりなダンスと、どれもアニメのオープニングテーマである楽曲を披露した豪華な内容のステージに会場は熱気に包まれました。


グランドフィナーレ大トリはがたふぇすのアンバサダーを務める石田燿子さん。「来年のがたふぇすに向けて、みんなで弾けて、一緒に歌ってHAPPYでお別れしましょう!」と全力で歌いきりました。


最後は出演者が勢揃い。それぞれのがたふぇすの想いなどを大いに語り、惜しまれながらグランドフィナーレは幕を閉じました。


▲篠田昭新潟市長

▲越後姉妹Geeks

▲Rayさん

▲かなでももこさん

▲AiLiさん

▲桜川めぐさん

▲The Super Ball

▲A応P

▲石田燿子さん

■セットリスト


越後姉妹Geeks

1.リアルルRuRuRu


Ray

1.初めてガールズ!

2.a-gain

3.♡km/h


かなでももこ

1.赤いメモリーズをあなたに

2.流れ月


AiLi

1.魂のルフラン

2.just believe


桜川めぐ

1.CHANGE MY WORLD

2.目には目を、闇には闇の断罪を

3.BRAVE BLADE!


The Super Ball

1.Rin!Rin!Hi!Hi!

2.ドリームキャッチャー

3.トモダチメートル


A応P

1.あのね、キミだけに

2.希望TRAVELER

3.全力バタンキュー


石田燿子

1.茜の空に

2.アシタノツバサ

3.STRIKE WITCHES 〜わたしにできること〜

にいがたマンガ大賞