HOME > 特集記事 > がたふぇすvol.7 > 沖佳苗トークショー

沖佳苗トークショー


10月29日土曜日、アニメ『フレッシュプリキュア! 』で主役、キュアピーチなどを演じ、声優・女優として活躍されている沖佳苗さんのトークイベントが行われました。


寒空の下でしたが、大勢のファンで会場は満員。前半では特撮好きのバイブル的雑誌「宇宙船」の編集長・野口智和さんを迎え、沖さんの大好きな特撮について、映画『シン・ゴジラ』を中心に熱いトークを繰り広げました。後半にはアニメ『ドキドキ!プリキュア』のキュアソード役などで知られる声優・宮本佳那子さんを交え、共通の出演作品であるプリキュアシリーズのアフレコ現場についての裏話トークが展開されました。


▲沖佳苗さん

▲宮本佳那子さん

▲「宇宙船」野口智和編集長

■『シン・ゴジラ』について


大の特撮マニアだと語る沖佳苗さんと、特撮雑誌「宇宙船」の編集長・野口智和さんとの特撮トークで幕を開けたトークショー。

映画『シン・ゴジラ』について、東宝さんからお借りした貴重な公式の写真を見ながらおすすめの名シーンを語ります。


沖さん:私のおすすめは東京の街をばーっと火の海にしていくシーンです!

野口編集長:焼き尽くしちゃうところですね。

沖さん:ここ鳥肌が立っちゃいました。物語の中盤ぐらいなんですけど、ゴジラって建物をバンバン破壊していくイメージだったんです。でもこのシーンはすごく幻想的で!このシーンの写真を玄関に張りたいぐらいほんとに好きなんです!

野口編集長:きれいですよね。地獄絵図なはずなんですけど。賛美歌みたいなBGMも流れてね

沖さん:そうなんですよ!曲と画のアンバランス感が神秘的で『エヴァンゲリオン』要素が感じられましたね。そして今回の『シン・ゴジラ』はなんといってもデカい!今までで一番大きいですよね。

野口編集長:118メートルですね。

沖さん:もうこんなんだったらいくら逃げても逃げ切れないですよね!わあああああって感じ!実は私、『シン・ゴジラ』めっちゃ出演したかったんですよ。ゴジラが好きすぎて逃げるだけで光栄!みたいな。

野口編集長:えっ(笑)(会場:爆笑)


後半には、事務所の先輩・後輩の関係でもある宮本佳那子さんが登場。お2人共通の出演作品、プリキュアシリーズのアフレコについて語ります。


■プリキュアのアフレコについて


宮本さん:マイクがアフレコスタジオに4本くらいありまして、主役は同じマイクを使うという暗黙のルールがあるんです。でも、『ドキドキ!プリキュア』は5人いるのでマイクが足りないんですね。だから釘宮さんと一緒のマイクを使わせていただいてました。

沖さん:だからオールスターズなんて本っっっ当大変ですよ!!(会場:爆笑)  

野口編集長:オールスターズはどうやってアフレコしてるんですか?

沖さん:だからみんなスッ、スッと忍者のように・・・(笑)マイクの前に入れ替わり立ち代わり・・・

宮本さん:歴代のプリキュアが一斉に並んでアフレコしています。同窓会みたいでアットホームですっごく楽しいですよ!



ラストには出演者がそれぞれ持ち寄ったお土産を、「◯◯な人!」という質問で最後まで残った人にプレゼントをするという嬉しいサプライズ!最後まで話題の尽きない、あっという間のトークショーとなりました。


にいがたマンガ大賞