HOME > 特集記事 > がたふぇすvol.7 > がたふぇすVol.7 オープニングセレモニー

がたふぇすVol.7 オープニングセレモニー


10月29日(土)朝、2日間に渡り開催される「がたふぇすVol.7」のオープニングセレモニーが開催されました。

豪華なゲストを多数迎え、雨雲を吹き飛ばすほどのアツいオープニングセレモニーとなりました。


はじめに、にいがたアニメ・マンガフェスティバル実行委員長のJAM日本アニメ・マンガ専門学校・野沢康彦校長が「新潟は「マンガ・アニメのまち」ということをより多くの方に知って頂き、もっと身近に感じて欲しいと始めた“がたふぇす”は今年7回目を迎えました。今回は万代・古町・白山と広範囲に渡り、1日では周りきれないほどの多彩なイベントを展開しています。2日間と限られた時間ではございますが、めちゃんこ楽しんでいきましょう!」と挨拶。


▲野沢康彦実行委員長

▲篠田昭新潟市長

続いて「がたふぇすVol.7」主催の新潟市を代表して篠田昭市長がステージに上がり、「今年もにいがたアニメ・マンガフェスティバルにたくさんの方にご参加いただきありがとうございます。昨年、新潟市が『東アジア文化都市』に指定され、新潟は文化創造の力が強いと全国の皆様に広がってまいりました。さらに今年からNGT48が本格的に活動し始め、AKB48選抜総選挙が開催されるなど新潟が大いに盛り上がったのも、7回の“がたふぇす”の積み重ねのおかげだと思っております。アニメ・マンガの魅力がぎゅうぎゅうと詰まっている新潟市を皆さんにもっとご堪能いただき、さらに情報発信していただきたいと思います。“がたふぇす”をこれからもずっと続けて参りますのでよろしくお願いいたします。」と話しました。


▲石田燿子さん

▲桜川めぐさん

▲大竹みゆさん・MCガッツさん

▲越後姉妹Geeks

この後、オープニングゲストとして“がたふぇす”のアンバサダーを務める、新潟が誇るアニソンシンガー石田燿子さん、新潟生まれ茨城育ちで声優・歌手として大活躍中の桜川めぐさん、ミニ四駆の大会などで司会を務めているMCガッツさん、声優・歌手・本の執筆など幅広く活躍されている大竹みゆさん、にいがた痛車フェスオフィシャルキャラクターの越後姉妹Geeksが登壇し、コミカルなトークで会場を盛り上げます。


最後に、桜川めぐさんがアニメ『カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~』オープニングテーマ「BRAVE BLADE!」、石田燿子さんがシリーズアニメ『古町と団五郎』のテーマソング「茜の空に」を力強く歌い上げ、会場は熱気に包まれました。

にいがたマンガ大賞