ヘッドラインニュース

新潟でコスプレを楽しみませんか?


2018.01.14 [お知らせ]

★コスプレ撮影施設として利用可能な新潟市内のスポットをご紹介します!★


**********


■新潟市天寿園

悠久の歴史と伝統にはぐくまれた、極彩色の建物が目を引く華やかな中国庭園と四季折々に風情のある日本庭園が調和した国内ではまれな施設です。


中国庭園は、中国人による設計と施工で、資材もすべて中国から運んだ本格中国庭園です。実在する様々な名勝を各所に取り入れながら、中国の庭の要素をどこかに体験できるように工夫されています。全体は雅語を配した八つの風景区に分かれており、中国のかつての宮廷庭園における習慣にならったものです。


日本庭園は、広大な池と滝を中心とした日本の伝統的な築山林泉式(つきやまりんせんしき)庭園です。正面にかなりの水量の滝があり、その左手に「茶室」と「茶寮」があります。そこを進むと視界が開け、日本庭園全体が見渡せます。池に影を落とす蓮のような建物は「瞑想館」で、地上に美しいカーブを描いています。「瞑想館」は、建築家故村野藤吾氏の作品であり、池に浮かんだ蓮の花をイメージに建設されました。


【基本情報

■入園料

 庭園のみの利用は無料/施設内の各部屋を利用する場合は有料(要予約)

■開園時間

 庭園・休憩所…午前9時から午後5時まで(7・8月は午後9時まで)

 大広間・茶室・ホール…午前9時から午後9時まで

■休館日

 毎月第2・4月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)

 12月29日から翌年1月3日

■所在地

 新潟市中央区清五郎633-8

■アクセス

【自動車】

 磐越自動車道 新潟中央インターチェンジから約5分

 新潟バイパス(国道8号)女池インターチェンジから約10分

 駐車場 100台(無料)

【公共交通機関】

 新潟交通バス停「天寿園前」下車徒歩3分

■注意事項

・茶室や大広間は、安価に更衣室としてもご利用いただけます。

・庭園のみご利用の場合でも、撮影の際は受付に一言お声掛けください。


施設HP http://kosya-niigatacity.jp/green/facility/48/


※利用や予約申請、その他詳細は施設に直接お問い合わせください。

天寿園事務所 025-286-1717(9:00~17:00)


**********


■新潟市歴史博物館「みなとぴあ」

新潟市歴史博物館は、開港当時の姿のまま唯一現存する国の重要文化財「旧新潟税関庁舎」に加え、旧新潟税関の敷地は国の史跡、そして、歴史的建造物として移築復原された国の登録有形文化財になっている旧第四銀行住吉町支店といった国の文化財が集中しているという特色があります。新潟は、NHKの「ブラタモリ~新潟は“砂”の町!?」で紹介されたように、信濃川と阿賀野川の日本を代表する2つの大河が運んできた大量の土砂によってつくられた長大な砂丘によって成っている一方、砂丘の内側は水はけの悪い低湿地が広がり、度々襲ってくる洪水と闘いながら何時間もかかる農作業は過酷を極めました。

博物館本館では、こうした自然環境に左右されながら、低湿地を美田に変えてきた水と土の歴史をジオラマや映像などによってわかりやすく紹介しています。

なお、旧新潟税関庁舎は、改修工事のため、平成28年5月30日~平成30年12月頃(予定)まで休館となります。


信濃川河口の水景色と異国情緒あふれる建造物は、撮影には、うってつけではないでしょうか?

※撮影を行う場合は、最低限、管理者(歴史博物館)の許可を取っていただくようお願いします。


【基本情報

営業時間

 4月~9月 午前9時30分から午後6時まで

 10月~3月 午前9時30分から午後5時まで

■休館日

 月曜日(祝日の場合は翌日)

 祝日の翌日(その日が土曜・日曜の場合、火曜日)

 年末年始(12月28日から翌1月3日まで)

 薬剤くん蒸期間等

■常設展観覧料

 一般300円 高校生・大学生200円 小学生・中学生100円

■施設使用料

 会議室等を利用する場合は有料(要予約・詳細は公式HP)

 屋外施設(芝生広場など)は通年24時間開放

■所在地

 新潟市中央区柳島町2丁目10番地

■アクセス

【公共交通機関】

 新潟市観光循環バス(朱鷺メッセ先回り)「歴史博物館前」下車すぐ

■駐車場

 有(乗用車60台)

■注意事項

・博物館本館の「セミナー室」は「歴史に関する活動等」の利用となります。

・旧第四銀行住吉町支店の会議室・日本間の貸館利用は、営利、宣伝又は営業上の目的としない個人・団体等の活動に限ります。


施設HP:http://www.nchm.jp


※利用や予約申請、その他詳細は施設に直接お問い合わせください。

みなとぴあ:025-225-6111

< 前の記事 | ニュース一覧 | 次の記事 >
にいがたマンガ大賞