ヘッドラインニュース

魔夜峰央先生原作、映画『翔んで埼玉』2019年2月22日(金)よりROADSHOW!世界よ―、これが埼玉だ!


2019.03.03 [お知らせ]

 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央先生原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』。瞬く間に累計発行部数は66万部を突破!そして、二階堂ふみ、GACKTのW主演で、2019年2月22日(金)に実写映画が公開となりました!


(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会


【STORY】


娘の結納のため一路東京へ向う、埼玉在住の菅原家。その道中、車内のラジオである伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる―。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく―。


原作を大胆にアレンジ!映画『翔んで埼玉』は、“伝説パート”と、“現代パート”の2部構成。】


 原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで突然終了してしまう、未完成の物語。原作の魔夜先生が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜先生自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことが未完の理由だと魔夜先生は語る。


 映画化にあたって、製作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成とした。


 【伝説パート】では、埼玉県人が東京へ入るための必須アイテムとして登場する“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美、麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃を目論む対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。

 一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大なスケールで物語は展開する。


 【現代パート】では、埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか…。この邦画史上最大の茶番劇の行く末を、是非スクリーンで見届けてください!


作品概要】


■タイトル:『翔んで埼玉』

■公開日:2019年2月22日(金)

■キャスト:二階堂ふみ GACKT ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)/中尾彬/間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ

        武田久美子 麿赤兒 竹中直人 伊勢谷友介 京本政樹 他

■原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

■脚本:徳永友一

■音楽;Face 2 fAKE

■主題歌:「埼玉県のうた」はなわ(ビクターエンタテインメント)

■監督:武内英樹

■公式HP:http://www.tondesaitama.com/

■予告編URL:https://www.youtube.com/watch?v=XDFA1uZ8Fc8

■公式twitter:http.//twitter.com/m_tondesaitama

にいがたマンガ大賞