ヘッドラインニュース

「メディア芸術×文化資源分散型ミュージアム」新潟空港展示の記念セレモニーが行われました


2019.12.25 [イベント]

12月20日(金)新潟空港にて、文化庁による訪日観光客向けの新事業「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業、メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」展示の記念セレモニーが行われました。


新潟空港の展示ではマンガ家・小川悦司先生と新潟まんが事業協同組合(通称:ガタまん)所属のミサト先生、necoco先生、奈々緒サオリ先生が「佐渡島の伝統芸能・新潟の酒造」をテーマに描き下ろし作品を制作。

代表作『中華一番!』のキャラクター達と新潟の文化が出会う作品を制作したマンガ家の小川悦司先生は、「『中華一番!』がアジア圏でも広く読んでいただいているということで、今回このようなコラボで新潟を絵でアピールする機会をいただけて嬉しい。躍動感や楽しさが伝われば」とコメントしました。


セレモニーでは鏡開きも行われ、出席者・空港利用者に今代司酒造のお酒が振舞われました。


新潟空港に足をお運びの際はぜひご覧ください!


**********


■展示期間:令和元年12月14日(土)~

■展示場所:新潟空港国際線1F到着ロビー・国際線到着コンコース

※国際線到着コンコースの作品は、ご利用のお客様のみご覧いただけます。


▲文化庁:坪田知広参事官

▲小川悦司先生

▲ミサト先生

▲奈々緒サオリ先生

にいがたマンガ大賞